アスベスト対策工事

アスベスト対策工事参考画像

アスベスト
とは?

アスベスト(石綿)は、1970年から1990年にかけて大量に輸出され、安価で耐久性・耐熱性等に優れるため、かつては建設資材、電気製品、自動車、家庭用品等、様々な用途に広く使用されてきましたが、近年石綿繊維を大量に吸った場合に人体に悪影響を与えることが大きな問題となっています。
現在では使用が全面禁止されていますが、アスベストを使用した建物は日本国内にまだまだ数多く残っています。

アスベストの健康リスク

目に見えないほど細長いアスベストの天然鉱物繊維は丈夫で変化を起こしにくいため、分解・消滅することがなく、吸い込んでしまうと体内で蓄積していってしまいます。蓄積された繊維は肺の組織を刺して損傷を起こし、約20年~40年の潜伏期間を経て肺ガンや中皮腫の病気を引き起こします。
かつては「奇跡の鉱物」と呼ばれていましたが、その性質から今では「静かな時限爆弾」と呼ばれて恐れられています。

アスベスト対策工事参考画像

空気中に飛散しているアスベストの吸入による健康被害

アスベスト対策工事参考画像

使用建材がいまだ多く残るため、今後も飛散する恐れが…

アスベスト事業の流れ

01 お問い合わせ

まず土壌調査計画を立案したのち、地歴調査で資料等の収集・整理を行い、土地の利用履歴と状況、有害物質使用状況等を把握します。

02 現地調査・分析・お見積り

現地でアスベスト有無の調査・診断及び分析を行います。診断および貴建物成分分析を行います。
調査後、お見積もりを提出致します。ご不明点がおありの際は何でもお問い合わせください。

03 作業計画書提出

収集した調査結果をもとに、将来のプランや事業目的を考慮し、対策の立案・検討を行います。
調査の結果アスベストが発見された場合、早急にアスベストの除去を行う必要があります。作成した計画書は所轄の諸官庁へ提出致します。

04 対策工事

アスベストが周囲に飛散することのないよう、飛散防止対策を万全に行い、施工いたします。施工終了後はアスベストを廃棄物処理法に則って処分致します。除去工事完了報告書を作成及び提出を行い、作業完了となります。
協栄工業ではアフターフォローに万全を期しておりますので、お困りの際はいつでもご連絡下さい。

主要対策工事

アスベスト除去処理

鉄骨、天井、デッキ等建材に使われている吹き付けアスベスト(アスベストにセメントや水を加え、吹付機を使って壁に吹き付けたもの)の除去を行い、他の非アスベスト建材に代替する工法です。

アスベスト封じ込め処理

吹き付けアスベストの表面に固定剤を吹き付けることにより、粉塵を封じ込める塗膜を形成する工法です。アスベストの内部に固化剤を浸透させ、粉塵の飛散を抑えます。

解体工事一式

解体工事一式参考画像

全てを一貫
して請け負える
会社です

大規模施設や大型建築物の解体工事は是非協栄工業にお任せ下さい。基礎の解体・地盤の調整など、解体にまつわる工事を一式承ります。
プラント・配管撤去、大型土木構築物の撤去など、解体全般を請負い施工します。建物を解体するにあたり、有害物(アスベストやダイオキシン類)が含まれており、土壌汚染対策工事が必要な解体工事もトータルでご対応致します。
近隣の方や周囲に配慮した安全・安心・適正プランの工事を環境保全法令に則りご提案致します。
高い専門性が必要な大規模施設の解体工事も法令遵守を徹底し、安全かつ厳正な施工体制でお客様の期待にお応えします。
トータルサポートで自社一貫工事になりますので、届出準備から調査・解体までのやり取りがスムーズに進みます。全ての工程を安心してお任せいただけます。

解体工事が大切な理由

解体工事と一言でいっても、ただ建築物を解体してそれで終わりというわけにはいきません。アスベスト対策・ダイオキシン対策の他、土壌汚染対策工事が必要な際は、それぞれの作業基準を遵守しながら、適切に除去工事を行なう必要があります。
解体後、土地を売却したり新たに施設を建設したりする際、万が一汚染されたままの土地を売却してしまうと、後に損害賠償問題に発展するケースも起こり得るため、留意し、厳正に施工を行う必要があります。
専門知識を多く持つスペシャリストが協栄工業にはたくさん在籍しております。様々な施工案件を行なってきた実績とノウハウを基に、専門性の高い業務でお客様の期待にお応えします。

解体工事の流れ

01 お問い合わせ

まずはお問い合わせフォームか、お電話、メール、FAXにて「お名前・対象となる建築物の概要・ご連絡先」を明記の上、お気軽にお問い合わせ下さい。

02 現地調査・分析・お見積り

プランニングのため、建築物の面積や、その他の撤去物などを調査します。養生範囲の確認・解体後の用途等の聞き取りが主です。
現地調査後、お見積りをご提出いたします。ご不明点がおありの際は何でもお問い合わせください。

03 作業計画書提出・事前届出

現地調査後、将来のプランや事業目的を考慮し、対策の立案・検討を行います。
調査の結果土壌汚染やアスベストが発見された場合、早急にアスベストの除去を行う必要があります。作成した計画書は所轄の諸官庁へ提出致します。
特に土壌汚染対策・アスベスト対策・ダイオキシン対策に関しては法令で対処方法が厳しく定められていますので、調査の実施方法や行政の届出などに関してもここで詳しくご説明させて頂きます。
建築の延べ床面積が80㎡を超える場合、建設リサイクル法による事前の届出が義務付けられているため、各市町村へ届出を行ないます。

04 インフラ撤去・近隣対策

生活必須インフラ設備の引き込み配管、配線の撤去について段取りを行います。電力会社や水道局、ガス会社への代行連絡についてもご相談下さい。
近隣住民様に工事の概要をご説明し、騒音や振動、粉じん等に関して近隣からクレームが発生しないよう着工前のご挨拶を行なったのち、解体工事を開始いたします。

05 解体工事

工事現場の安全性確保を万全にし、騒音・粉じんを避ける対処を行ない、施工を行います。
建築物の基礎を撤去した後、更地化します。工事完了後、報告書を作成及び提出を行い、お客様に現地をご確認いただき、ご納得頂けましたら施工完了となります。
協栄工業ではアフターフォローに万全を期しておりますので、お困りの際はいつでもご連絡下さい。

土壌汚染対策工事

土壌汚染対策工事参考画像

土壌汚染の
浄化・修復に
ついて

土壌汚染とは、有害な物質(=特定有害物質)が土壌に浸透して土壌や地下水が汚染された状態です。土壌汚染を基準値以下にする、もしくは溶出・拡散を防ぐことを目的に行うのが土壌汚染対策工事です。
綿密な調査・分析結果を基に、汚染範囲を把握し、汚染物質や汚染状況、クライアント様のニーズに適した浄化・修復・封じ込め等の対策工事を実施します。

自社一貫工事のメリット

土壌調査・分析から汚染処理、法令に基づく報告書類の作成まで一式の工事を承ります。長年積み上げてきたノウハウを活かし、調査・分析だけでなくその対策方法や土地の活用方法のご提案まで、様々なアドバイスを行っております。
プラント・配管撤去、大型土木構築物の撤去など、解体全般を請負い施工します。建物を解体するにあたり、有害物(アスベストやダイオキシン類)が含まれている場合、近隣の方や周囲に配慮し、安全・安心な解体工事を行います。
自社一貫工事になりますので、施工時のやり取りがスムーズに進みます。全ての工程を安心してお任せいただけます。

対策工事までの流れ

01 計画立案・事前調査

まず土壌調査計画を立案したのち、地歴調査で資料等の収集・整理を行い、土地の利用履歴と状況、有害物質使用状況等を把握します。

02 現地調査

現地で表層土壌調査を行い、汚染の有無や平面的な汚染の評価をします。その後、震度方法調査(ボーリング調査)で汚染の範囲を明確化させます。

03 施工計画書作成・申請

収集した調査結果をもとに、将来のプランや事業目的を考慮し、対策の立案・検討を行います。
調査の結果、汚染が確認された土壌は、行政により要措置区域等に指定されます。指定後に要措置区域等の土地の形質を変更する工事を行う場合、都道府県知事に届出を提出する必要があります。

04 対策工事

誠実な施工を心掛けるのは勿論、工事によって汚染を周囲に拡大させることが絶対に無いように細心の注意を払う必要があります。

ダイオキシン除染工事

ダイオキシン除染工事参考画像

ダイオキシン
の発生と除染
工事

ダイオキシンは発癌性などの毒性が特に高く、環境汚染による人間の健康や生態系への影響が最も懸念されている有機塩素化合物です。炭素・酸素・水素・塩素等が熱処理される過程で有機物と反応し、副産物として発生します。
その有毒性から数多くの取り決めや禁止事項等が大変多く、専門性を求められる大変難しい除染解体作業になります。
協栄工業には長年積み上げてきた実績と充実した設備・機器があります。細心の注意を払い、ばく露防止措置を徹底し、安全を追求した施工を行います。

人が介在できない箇所も

煙突解体や焼却炉解体はもとより、煙突や焼却炉のメンテナンスも実施しております。人が入れないような煙突内であっても高圧洗浄によってダイオキシンをはじめとした有害物質を除去することが可能です。煙突や焼却施設などでは、アスベストを使用した断熱材を内部に取り付けているケースが多く、協栄工業では総合施工が可能ですので、ダイオキシン除染対策とアスベスト対策を含めた解体プランをご提案することができます。

除染工事までの流れ

01 事前調査

解体作業を開始する前6カ月以内に汚染物のサンプリングを行わなければいけません。現地確認を行い、サンプリング箇所を選定します。

02 サンプリング・分析調査

現地でサンプリングを行い、汚染物の毒性濃度を分析します。調査の結果(3000pg-TED/g)を超えるダイオキシン類が検出された場合、追加調査を行います。

03 施工計画書作成・申請

施工計画書を作成し、労働基準監督署にダイオキシン類対策工事の申請手続きを行います。(14日前に届出)

04 除染工事

施工による飛散防止の徹底、従業員のダイオキシン類暴露防止対策等、また周辺環境に対する安全にも十分配慮して施工を実施致します。

各種剥離工事

各種剥離工事参考画像

剥離とは?

「剥離」は表面を薄くはがす作業です。あらゆる材質の物に塗装された塗膜を下地への影響を最低限にし、素材を痛めることなく専用の塗膜剥離剤等を用いてよりスピーディに撤去します。
鋼構造物に関しては、各種鉄部の塗膜剥離は電動工具や薬剤による方法があり、それぞれのクライアントさんの状況や現場条件に適した方法を選択する必要があります。

グラウト工事

グラウト工事参考画像

グラウト
とは?

グラウト(無収縮モルタル)とは、建設工事において空洞、空隙、隙間、目地、ひび割れなどを埋めるために注入する流動性の液体のことです。グラウト工事とは、グラウト材を使用し元々のコンクリート部分と補強部分の隙間を充てんするために行う工事全般のことを指します。
盤改良から鉄骨・鉄筋の充填材などの幅広い用途に使われ、耐水性が高いため防水目的でも使用されています。

塗装工事

塗装工事参考画像

塗装工事に
ついて

塗装は、一般的に物体の装飾や保護、防錆、腐食防止を目的に行われます。外壁にはコケ・ホコリ等、ヒビ割れ、防水能力の低下、目地の劣化等、長年の経過と共に様々な症状が現れてきます。先ず最初に外壁の状態を分析し、ご報告をする診断書を作成致します。お客様に理解して戴いてから材料を選び、丁寧に洗浄を行い、汚れを取り、適切な下地処理をしてから下地調整→下塗り→中塗り→上塗り→仕上げの順番で施工を行っています。